【結婚相手の選び方・決め手】私が経営者と結婚した理由

婚活
エスディ
エスディ

この記事を読むと分かること

✔結婚相手の選び方

✔結婚の決め手

✔ちたちゃんがオットと結婚した経緯と理由

✔経営者と結婚する前に気をつけること

この記事の作者はこんな人です(^^)

🌸25歳のときにマッチングアプリに登録し、数々の婚活パーティーに参加
🌸28歳のとき結婚相談所に登録
🌸結婚相談所に登録後7ヶ月でハイスペ男性と成婚退会
🌸現在は23区で経営者の妻として生活

ちた
ちた

婚活を始めた当初はサラリーマンと結婚したいと思っていた私が、なぜ経営者の妻となったのかご説明します!

プロフィールに惹かれ、お見合いを申し込む

ちた
ちた

私がオットとお見合いしたのは、結婚相談所に登録して1ヶ月半が過ぎた頃でした。

結婚相談所の勝手も分かり始め、お見合いや仮交際が順調に進むようになってきた頃、新着会員の欄に穏やかな笑みを浮かべるオットが掲載されていました(^^)
「同世代で経営をしているのか…2世?」と思いながらプロフィールを開いてみると、起業の経緯、仕事への想い、理想の家庭像などが記載されており、オットの考え方がとても興味深く、共感する点が多いと感じました。

20代だし、年収も学歴も申し分ない。
これは人気だろうな〜と思いながら、ダメ元でお見合いを申し込み。
3日後にお見合いが成立した旨の連絡が来ました\(^o^)/

ちた
ちた

後に、なんでお返事に3日もかかったの?と聞いてみたところ、プロフィール公開後にたくさんのお申し込みが来て、全員のプロフィールを読んでからまとめてお返事したため時間がかかったとのことでした^^;

お見合いの印象は「男性版の私」

お見合い当日。
待ち合わせ場所に着くと、スーツ姿の男性がにっこり笑って近づいてきました。

軽く挨拶をすると、早めに来て席を確保してくれていたようで、窓際のソファー席に案内してくれました。

正直、当時の私はお見合いや仮交際がとても順調に進んでいて、この日のお見合いは「同世代で経営をしている人なんて面白い!話してみたい!」という気持ちが強く、すぐに仕事の話を始めてしまいました^^;

ちた
ちた

本来、お見合いで女性が仕事の話をしすぎるのはあまり良くありません…

私は仕事の話をしすぎて仮交際を断られたことがあります(T_T)

オットは楽しそうに起業の経緯仕事で大切にしていること今後の展望などの話をしてくれました。
途中自分の話をしすぎたと思ったのか、焦ったように私に話を振ってくれ、私も学生時代のこと、普段従事している企業法務のことなどを話しました。

オットとのお見合いは、楽しくてあっという間というより、価値観や話が合いすぎて、自分と話しているようでした。

別れ際、オットが「今日はありがとうございました。ぜひ、宜しくお願いいいたします!」と言ってくれ、私も面白かったしもう一度会いたいなと思い、その日のうちに仮交際が成立しました(^^)

ちた
ちた

この時もまだ、私はサラリーマン希望でした。

自分が割と自由人なので、結婚相手は安定した人がいいな〜と思っていたためです(^o^)v

初デートの印象は「素直で優しく、暖かい家庭で育った人」

エスディ
エスディ

初デートは、東京駅付近のカフェでランチ!

私は筋金入りの方向音痴のため、お見合いやデートではいつも早めに着いておトイレに行き、身だしなみを整えて5分前に待ち合わせ場所に着くようにしていました。

この日も早めに着いておトイレに。
身だしなみチェックを済ませ、待ち合わせ場所に到着するも、夫の姿が見当たりません

LINEを見ると、オットからは「着きました!」との連絡が入っています。
おかしい…と思い、LINEを遡ってみると私が待ち合わせ場所を間違えていたことが発覚!!
慌ててオットに連絡をし、これから向かう旨伝えると「待ち合わせ場所、分かりにくかったですよね!すみません。これから僕がそちらに向かいます!」との返答がΣ(゚Д゚)

ちた
ちた

待ち合わせ場所を間違えたのは私なのに、逆に謝るなんてすごく良い人なのだな〜と思いました。

そんなこんなで無事会うことができ、レストランに到着。

ご飯を食べながら、学生時代の思い出、家族のこと、仕事のこと、理想の生活について話しました(^o^)v
話の中で、オットが「両親にとても感謝し、尊敬している」と発言したことが今でも印象に残っています。

ちた
ちた

そんなことをさらっと言うなんて、オットはとても素直で優しい人なのだと思いました。

子どもをみると、親がわかるといいます。
オットの発言から、オットは素晴らしい家族に囲まれ暖かい家庭で育ったのだろうと思いました。

エスディ
エスディ

こういう人なら、ちたちゃんの理想とする平和で穏やかな家庭を一緒に作ってくれると思ったんだね!

話し合いのできる人だった(不安だったお金の話)

ちた
ちた

とても良い人だけれど、やはり経営者ということで生活の不安はありました(T_T)

結婚相談所なので、大まかな年収は知っていましたが、年金や退職金、月々の支出や今後の経営戦略などはわかりません。
家族を作り、守っていくためには全てをオープンにして話し合う必要があると思いました。

こんなことを聞いたらフラれるのではないか?という懸念もありましたが、それでフラれるなら一緒に家庭を築くことはできないし、仕方ない!と割り切り、自分が抱えている不安や経済状態を話し合いたい旨を伝えました。

ちた
ちた

オットは私の不安に理解を示し、全てを話してくれました。

2人で破綻しない仕組みづくりも行い、今はとても安心して生活しています。

自由恋愛でも、婚活での出会いでも、他人同士なので合わないことや分からないことがあります。
一緒に生活していると、不満も出てきます^^;
そんな時、やはり話し合いができる人かが重要だと思います!

「長く仲良く暮らしていける」と確信した出来事

私には大切にしているペットの骨壷があり、結婚後は新居に骨壷を持っていきたいと思っていました。

エスディ
エスディ

僕の骨だね!

ですが、会ったこともない犬の骨が新居にあったら気持ち悪いとか、怖いと思わないかと思い、オットに聞いてみました。

オットの回答は、「僕は全く怖いとも気持ち悪いとも思わないし、たとえばそれが生活の邪魔になるものだったとしても、それがあることでちたちゃんが安心して暮らせるなら家に置きたいと思う。それにぼくは、ちたちゃんの大切にしているものを一緒に大切にしていきたい。」というものでした(T_T)♡

私も同じ気持ちを忘れなければ、きっと長く仲良く暮らしていけると思えた出来事です。

最後の決め手は「自分に何をしてくれるかよりも相手に何ができるか考えていたこと」

私はもともと相手を束縛するタイプで、相手が自分に何をしてくれるか、どんなプレゼントをくれるかで愛情を測ったりもしていました^^;

でも、オットと出会ってからは、「オットが喜んでくれるためには何ができるだろう?」「オットを幸せにするためにすべきことはなだろう?」と考えている自分自身の変化に気づきました。

ちた
ちた

何があってもオットを幸せにしてあげたい!と考えている自分に気づいたことが結婚の最後の決め手です。

まとめ(父親は将来の彼、母親への態度は将来の自分への態度)

私が経営者のオットと結婚した理由、いかがでしたでしょうかヽ(`▽´)/

この記事を読んでくださった方がお付き合いされている彼との結婚に迷っていたら、彼のご両親に会ってみるのもいいと思います。
父親は将来の彼、母親への態度は将来の自分への態度です(^o^)v

皆さまが素敵な相手にめぐり逢い、幸せな結婚をされますように!

最後まで読んでくださりありがとうございました\(^o^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました